個人型確定拠出年金にデメリットはあるのか?

個人型確定拠出年金のしくみ

確定拠出年金は、将来受け取ることができる年金の額が運用次第で変動する任意で加入できる私的な年金です。確定拠出年金には企業型と個人型があり、個人型は自営業者や公務員、専業主婦や会社員など20歳以上のほぼすべての人が加入できます。
個人型確定拠出年金は毎月掛け金を拠出して運営管理機関を選択し、金融商品を選んで運用していきます。掛け金は全額所得控除になるほか、運用益も非課税になり、受け取る際も年金として受け取る時は公的年金等控除が、一時金として受け取る時は退職所得控除が受けられるなど税制面で優遇されています。
運用できる金融商品はリスクの少ない定期預金などの他に、投資信託なども選ぶことができます。ただし元本が保証されていない商品もあるので注意が必要です。

手数料が意外とかかる?

税制面などでメリットが多い個人型確定拠出年金ですが、加入する前に押さえておきたいポイントがあります。
ひとつは60歳までは解約できないことです。個人型確定拠出年金は途中で解約して現金で受け取ることはできません。ただし、掛け金は変更が可能なので、毎月拠出することが厳しくなってきた時は掛け金を減額することができます。
個人型確定拠出年金は加入する時に事務手数料が、年金を受け取る時には「給付手数料」かかります。その他に、毎月数百円程度ですが「口座管理料」という手数料が発生します。手数料は金融機関によって違いはありますが、毎月発生するものなので掛け金が少額の人や運用金額が少ない人には負担になる場合があります。