個人型確定拠出年金にはどのような人が加入できるのか?

個人型確定拠出年金の基本

個人型確定拠出年金は、加入者が毎月の掛け金を拠出して、運営管理機関を選び、用意されている金融商品で運用し得られた運用益と掛け金の合計額を60歳以降に年金、または一時金で受け取る私的な年金です。
国民年金や厚生年金などの公的な年金に上乗せされるので、老後の生活がより豊かになります。
従来は自営業者と企業年金のない会社員が対象でしたが、公務員や専業主婦など20歳以上の年金加入者がほとんど加入できることになりました。ただし、農業者年金に加入している人、国民年金保険料の免除を受けている人は加入できないので注意が必要です。また、企業型確定拠出年金に加入している会社員は勤務先が認めた場合のみ個人型確定拠出年金へ加入できます。

加入前に知っておきたいこと

個人型確定拠出年金は、掛け金を運用するために運営管理機関を選ばなくてはいけません。運営管理機関になっているのは銀行や証券会社、保険会社などですが、運用期間中に利用できるのは1社だけになります。加入する前に各機関を比較して慎重に選びましょう。
運営管理機関によって、運用する金融商品が違います。定期預金や保険商品、投資信託などがあり途中で変更することもできます。運用できる商品はひとつでもいいですし、複数の商品を組み合わせることも可能です。中には元本が保証されていない商品もあり手数料なども発生するため、よく確認してから始めることが大切です。
個人型確定拠出年金は掛け金が所得控除の対象になるなど税金対策にも有効です。老後へ向けての資産運用に個人型確定拠出年金はいかがでしょうか?